スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根がありゃなあ・・・

毎年梅雨が明けたら田舎に行って、
屋根スクからVTR(バイクね)に乗り換えてくる。
夏の間は屋根なしバイクだ。
しっかり降りそうな日はバイクに乗らないんだけれど(軟弱ライダーだから)、
今年の夏は例年より雨が多い気がする。
今日は通勤途中で降られてしまった。

屋根付きバイクの時はまずカッパは着ない。
カッパ着てバイク乗るなんて2~3年振りだよ。
それくらい屋根付きバイクは優秀。

今日も屋根付きだったらなあ・・・
スポンサーサイト

ヨコハマ

moblog_2c3ed114.jpg moblog_b6b17269.jpg moblog_5b5c46d7.jpg

急に走りに行きたくなり第三京浜でヨコハマに。
早朝なので中華街にも行かず、買い物もせず、
日本丸を見て帰ってきただけ。
それでも単車に乗るのは楽しい。

帰りはちょこっと降られてしまった。

極小径自転車

ゼロバイクという8インチタイヤの折りたたみ自転車を持っている。

3〜5年くらい前(あいまいだなあ)に長距離通勤の補助として買ってみたが、乗車ポジションがあまりよろしくなく、30分も乗ると足がガクガクになってしまう。

まあ軽さで買ったので仕方なかったのだけど。

肝心の折りたたみ方の方も非常に面倒くさく、折り畳んで持ち運ぶのは断念してしまった。

ハンドルをたたんでシートを下げただけでかなり小さいので、その状態で持ち運ぶことにした。

電車に乗る時はカバーをかけていないと(輪行袋に入れる)手荷物料金を取られるので、仕方なくその状態にかけられるカバーを最近自作。

しかし、この自転車を持って電車に乗るチャンスには恵まれないままアパートに放置していたら、後輪の空気が抜けてしまっていて、それに気づかずに乗ろうとしてパンクしてしまった。

ホイールに干渉しないようにバルブが根元からくの字に曲げてあるのだが、これが空気が甘いとチューブに食い込むらしく、普通のパンクと違ってチューブの内側(タイヤ側でなくリム側)に穴が空いてしまった。

自分でパッチを貼って修理してみたのだが、どうもよろしくない。

あきらめてチューブを買いに行くことにした。

和田サイクルという小径車専門の自転車屋が西荻の近くにあるのでそこに行こうと思ったら火、水曜定休日。

じゃあ大きめのショップを回ってみるかと南阿佐ヶ谷、高円寺、新宿、青山と回ってみたが、何とそれらの専門店には8インチのチューブなんてハナから置いてない。

某ショップなんてゼロバイク店頭に飾って売ってたじゃねえかよ〜、と思いつつ、どうやらこれらちゃんとしたショップが扱う自転車とと極小径自転車はカテゴリーが違うのね、と思い至った。

さんざぐるりと走り回り、幡ヶ谷辺りで銭湯で汗を流し、気になるラーメン屋を何軒か横目でやり過ごして帰宅。

あさって和田サイクルに行こうと思ったのでした。

コマジェのバッテリー

この間上がってしまったコマジェのバッテリーも、『オプティマ』でOK出るまで充電したら、それ以降はとりあえず大丈夫。

譲ってもらった時から中国バッテリーを積んであったんだけど、やっぱり少し国産バッテリーより弱い感じがする。
これは、マグナでもキャビーナでも同じ感触だ。
ユアサ(今はGSユアサか)のバッテリーが弱ってしまったものを、オプティマと再生機で再生させたものの方がセルの回りが良かったりする。
まあ、オクで買っても値段が倍違うし、仕方ないか。

リトル蕪5 バッテリーその3

その後、復活したかに見えたバッテリーはあっという間に弱ってしまい、4日ほどでセルが回らなくなってしまいました。
仕方なくヤフオクでGSユアサのバッテリーを通販で買い交換。
やはり新品は調子いいです。

さて、はずした方の弱ったバッテリーですが、いつものようにバッテリー再生機で再生サイクルに入ります。
再生機を並列でつないで充電をかけます。この状態で充電すると、再生機から発生するパルスでバッテリー内の端子に結晶化した化学物質を分解し、サルフェーションを解消してくれます。
ええ、まあ、こうやって書いていても何となく解ったような解らないような感じで怪しいグッヅみたいですが、今までも弱ったバッテリーにそれなりに効果があったのです。
今回の様な、ほぼお亡くなりになっていたようなバッテリーを再生してみるのは初めてです。

やり方は簡単。
再生機とバッテリーを並列につないで充電器をスイッチオン。
電圧が上がると再生器のパイロットランプが点きます。
充分に電圧が上がるまで充電したら充電終了。
バッテリーの電圧が一定以上あるうちは再生器のランプは点いています。
バッテリーの電圧が下がって来ると再生器のランプが消えます。
様子を見て充電を再開。

充電器を切ってから再生器のランプが消えるまでの時間が長いほど、バッテリーが再生出来ていることになります。
ホントはバッテリーの電圧がどうとか、ちゃんとデータを取ればいいのですが、レポート書くわけじゃ無いので、アバウトですがこんな感じで再生実験を続けます。

リトル蕪4 バッテリーその2(転載)

死んでたバッテリー、テスターで計ると3.7Vくらいしか無い。
で、長時間充電したところ、1日半経ったところで
3.7V→10.0V
まで復活。
そのまま3日程充電したところ12.0Vを超えました。
さっそく搭載したところ、ポジションランプが明るく点り、ばっちりセルで始動しました。

翌日、ポジションランプ点灯するも、セルの回りがやや弱く…。

さらに翌日、ポジション点灯、セル回るもエンジンかからず。走行後はセルでエンジン始動出来る。

翌々日、ポジション点灯、セルちょい回って止まる。キックで始動。

とりあえず生き返ったけれど、バッテリー自体は弱ったままのようです。あとは「バッテリー再生器」を使ってどこまで再生するかですな。

梅雨の間は屋根付コマジェの方をメインにしようと思っていたのに、やっぱり今年も梅雨入りしたとたん晴れ続き。
しばらくリトルカブの様子見を続けようっと。

リトル蕪3 バッテリー(みくしから転載)

今回の整備で交換を先延ばしにしてもらったバッテリー。2年程放置してあったので、まあ死んでるだろうと思ってはいたけど、予想通りまーったくの死に体。
バイク屋さんで半日程充電してくれたけど、セルモーターはうんともすんとも言わない。しばらく走った直後もポジションランプがほんのり点きもしない。

まあ、キック始動はいいんだけど、電装系に悪そうなので、あきらめて某オクでGSユアサのバッテリーを注文した。
4L-BSサイズは小排気量車に多く搭載されているらしく、バイクのバッテリーの中ではけっこう安価だ。
バイクのバッテリーは高いので、これは意外だった。

死に体バッテリーは復活をかけて長時間充電にチャレンジ。ネット検索したところによると復活する場合もあるらしい。
爆発しなきゃいいけど…。

小さい蕪

リトルカブを貰いました。
真っ白のなかなかかわいいヤツです。
程度もそう悪く無いのですが、鍵を2本とも無くしちゃって、エンジンもかけられずに2年間保管されていました。

行きつけのバイク屋さんにお願いした整備が翌日完了。
キーセット交換、タンク洗浄、キャブ分解清掃、オイル交換。
整備後はキック一発始動、エンジン快調です。

しばらく近所を乗りまわすことにします。
O(≧▽≦)O

下総利根大橋

通勤時、新4号線が激混みだったので脇道にそれて、久しぶりに有料道路・下総利根大橋を渡った。料金所のおじさんに「料金200円」と言われたが、原付二種であることを告げると20円に値下がり(笑)。原二は安い!

コマジェは図体デカイし、台湾車なので国内の原二みたいにフロントフェンダーの白ラインとリアフェンダーの白三角シールが無い。前オーナーが剥がしちゃったのかもしれないけど。スムーズな通行のために貼っといた方がいいかな。

あまり通らない道だし、天気も良かったのでちょっとツーリング気分でした。
顔が日に焼けて少しひりひり。

夜はK君との『久しぶり~』呑み会でした。

ちょっといじり

きのうは買い物の途中でコマジェの光軸調整をした。
前オーナーは都心在住のためか、だいぶ下向きにセッティングしてあった。
フロントフェンダーの下から手を突っ込んでダイヤルを回すんだけど、これが堅い! けっこう苦労しました。
これでちゃんと遠くまで照らすようになった&対向車からの視認性が上がったと思う。
田舎を走る時は自分のライト頼りなのだ。

グリップヒーター

この冬、キャビーナ1号のグリップヒーターが暖まらなくなってしまっていた。
夏には間違ってスイッチが入っちゃって熱い思いをしたのに、肝心の冬場にこれじゃ困るなあ。
ボンドが何度もはがれてグリップがグルグルしちゃってたから、端子が外れただけだと思うけど…、断線してたらイヤだなあ…。

ハンドルカバーを開けて配線をチェックしてゆく。
う~ん、配線の取り回しがへたくそだ~。○ッ○○でつけてもらったんだけど、次は考えよう。

一度エンジンをかけてみた。
ヒーターは暖まったりダメだったり…。
一度端子を全部外して配線の取り回しも含めつなぎ直した。
アース端子は錆びかけていたのでヤスリで磨き、取り付ける場所をかえた。
やっと復活。

まだ寒い日も続くし、もう少し役に立ってもらおう。





車入れ替え

といっても買い替えたわけじゃないのだ。
二年半ガレージで寝かせていたキャロルを車検通した。
2台持ってる車を交代で車検通しているのだ。

さすがに2年半寝かせているとあちこち痛んでいて、整備代がちょっと余計にかかった。
気になるのは足回り。あれえ、こんなにふわふわした乗り心地だったっけ?

も少しごつごついした乗り心地の方がいいなあ。
コーナーでももうちょっと踏ん張ってくれないと・・・。
とりあえずサスとホイールを換えたい。
でもまだ暇無しなのですよ。

?(Ford Deuce)

ラーメンを食べに行った帰りにフォードのクラシックカーに遭遇。どっちかと言えば古い車が好きだけど、さすがにここまで古いとオリジナルかレプリカかすら判らない。
同行者は「かわいー!」を連発。
そうこういってるうちに横の店からオーナー登場!
つづく
DSC00708.jpg

携帯で写真撮ってた我々に優しく教えてくれました。
1930年代の物をキレイにレストアして70年代のエンジンに積み替えたんだって、すごいです~。いくらかかってんだろ~???ホントに好きじゃないと出来ないな~。
で、mixiのマイミクさんに「Ford Deuce」って名前を教わる。
ググって見ると、おお~これこれ。

で、メーターパネルの前にナビ。
30年代のクラッシックカーににナビ・・・。
これも時代の流れか。

ナビ

http://www.mio-tech.jp/products/p350.html
今欲しいのがこれ!バイクにナビ。
特に道には迷わないので困らないんだけど、目的地まであと何キロ? とか、あと何時間? ってのの目安になるのが楽。
それと時々フラッと知らない道に入りたくなる時。

クルマでもそうなんだからバイクならもっと楽しいはず。

ん?到着予想時間は表示無いのかな?

メチャ便利な通勤&買い物バイク?

屋根付スクーターってめっちゃ楽ぅ~!
天候の心配がほとんど要らないし、積載量も多い。

ただ通勤で長距離乗るので、キャビーナの排気量に限界を感じてきた。
どうしても90ccに荷物満載だと出足や巡航速度に不満がつのる。疲れも溜まる。そろそろ排気量アップを狙いたい。
って事で、いろいろ考慮に入れてYAMAHAの店に行ってマジェスティ250にゾロ屋根付きで見積もりを出してもらった。

70万越え!

いえ、判ってはいたんですけどね。いざ払えってなるとそうすぐには払えませんや。
仕方無いので家に置きっぱなしのV-TWINマグナを引っ張り出してきた。
くそーっ!メチャメチャ便利にしてやる~っ!

まず腐ってたバッテリーを交換。ヤフオクで3000円ちょっとで買った中国製。ちょっとセルの回りに怪しい時があるけどまあよし。
風にあたらないようにウインドシールドを付ける。これもヤフオクで安く手に入れた。そこそこ効果有り。体感的には90km/hで80km/hぐらいの風の当たり。かなり楽そう。
しかもハンドルとシールドの間にタオルとカッパが置けるようになった。

次は積載量アップだ。できればビクスクノーマルぐらいの積載量は確保したい。
ベニヤ板で手製のキャリアを作って積載量を増やしていたのだが(マグナのタンデムシートは狭くて上面が丸いので荷物が安定しないのだ。見栄えは悪いけど結構役に立ったのよ、これが)、安定性を考慮しつつ積載量をさらにアップすべく純正のキャリアを付ける事にする。
これがまた高いので(約15、000円(T_T))ヤフオクで狙っていたのだが、全然出品されない。ついにあきらめてバイク屋に注文。これで鍵付きトランクボックスを付けられる~。でもトランクボックスがまた高いのだ。

なので、ボックスを買うまでとりあえずってことでダイソーで買い物カゴを買ってきてくくり付ける。カゴの上はバイクネットでふた。これで買い物はメチャメチャ楽チンになった。
当面はこれで良いとしても、やっぱり鍵付きのボックスは欲しいトコロ。ホムセンで蓋付きコンテナボックス買って鍵付けるか・・・。

細かいところでは、ハンドルバーにジュースホルダーを付けた。そのステーにバックライト付きの腕時計のベルトを外しベルクロで取り付け。夜間の田舎道では便利。

昨日上野で買ってきた降り分けバックをタンデムシートに置くとさらに積載量アップ。といってもこれは鍵もかからないし、容量もそんなに多くない。そこそこの物をそこそこ入れようっと。
それでもまあ、今までに比べれば総積載量は結構増えたと思う。

ただ問題は、買い物バイクなマグナって・・・・
みた目はどうなのさ?
プロフィール

koalaya

  • Author:koalaya
  • そえたかずひろ の公式ブログです。
    お仕事:アニメのキャラクターデザイン、作画、コンテ演出、イラスト。漫画。
    サンライズの『ガンダムUC』と、トムスの『劇場コナン』に参加中。お仕事の依頼は随時。

    好きなもの:料理、読書、工作、バイク、漬け物、ラーメン。

    苦手なもの:ホヤ


    (C)2011 SOETA/MADFACTORY/STUDIO煌嵐

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
twitter
リンク
ご連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。