スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シムソンズ』観てきた

上映期間が終わってしまいそうだったので雨の中、Kさん、Tさんと板橋のマイカルに『シムソンズ』を観に行ってきた。カーリングの話だとか実話を元にしているとか程度の前知識しかなく(しかもそれすら上の空で聞いてた)、出ている女の子たちのこともよく知らず、ほとんどなんの期待も無く観にいったのです。
結果・・・ボロボロ泣きました。涙もろくなったなあ…、良い映画でしたよ。
公式→http://www.sim-sons.com/

で、帰ってきてからネット上で色々探してみると、なかなか評判もいいようです。巡回してていくつも目についたのが「ストーリーは単純だが…」とか「ありきたりだが…」とか「お決まりの展開だが…」って書き込み。ま、だいたいそのあとに「面白かった」続くのだけど(笑)。素直に「面白かった」でいいじゃん、っておじさんは思っちゃうデスヨ。
作劇上の手法にはいろんな手段が有ると思うのですが、なにも「今までみたことの無いストーリー」だけが感動(面白さ)の源泉とは限らないと感じてます。むしろボクは「(ありきたりの)物語」をどう見せるか(演出するか)に興味があるのです。で、シナリオや絵コンテでものすご~く悩むのです。
もちろんストーリー自体がありきたりじゃなければもっといいですけどね。

作品作りを離れて考えると、良い映画かどうかより「その映画が好きかどうか」の方がボクにとっては大事です。「出来がいい」よりも「この話、好き」っていわれるフィルムを作りたいです。

とりあえず、出ている女の子がカワイく見える映画ってイイなあ、ってことなのです。(そこかい!笑)
もう上映終っちゃったトコが多いみたいですがまだ未見の方は足を運んでみてはいかが。ワシももう一回行こうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koalaya

  • Author:koalaya
  • そえたかずひろ の公式ブログです。
    お仕事:アニメのキャラクターデザイン、作画、コンテ演出、イラスト。漫画。
    サンライズの『ガンダムUC』と、トムスの『劇場コナン』に参加中。お仕事の依頼は随時。

    好きなもの:料理、読書、工作、バイク、漬け物、ラーメン。

    苦手なもの:ホヤ


    (C)2011 SOETA/MADFACTORY/STUDIO煌嵐

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
twitter
リンク
ご連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。