スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー祭

東○○ービーのデスクくんのリクエストで大鍋でカレーを作る。

久しぶりの大鍋料理です。
打ち合わせまでの待ち時間で買い出し。

100_4050.jpg

牛モモ肉2.4kg、豚モツ800g、ネギ、りんご、バナナ、赤ワイン、生姜、他色々

いけね、写真はみ出しちゃった。

100_4051.jpg

モツをさっと湯通しして、千切りした生姜とニンニク、ニンジン、
ネギの青いとこと一緒に圧力鍋で煮込む。コンソメ一個と赤ワイン適当に。

約1時間加熱、30分保温。

100_4052.jpg

圧力鍋をIHヒーターから下ろして保温してる間に肉の調理に入ります。
肉は贅沢に5cm角。塩こしょうし、乾燥スライスニンニクをまぶし赤ワインを振りかけておく。

100_4053.jpg

フライパンでまんべんなく焦げ目を付け行きます。
この時点で食べてもおいしいですが、我慢がまん。

ちなみに2.4kgの肉はフライパン3回分でした。

100_4054.jpg

焦げ目のついた肉を大鍋に移します。
圧力鍋を開けると、モツはいい感じに柔らかくなっています。簡単に噛み切れるくらいです。
臭みもありません。生姜とニンニクのおかげです。
コクのあるモツスープが取れました。
ネギの青い所は臭い消しなので捨てます。

スープを肉の入った鍋に移し、お肉を煮込みます。
写真はすでに茶色いですが、ルウはまだ入れてません。
白濁したモツスープにトマト缶と赤ワインと炒めたタマネギのみじん切りが加わった色です。

玉ねぎのみじん切りは飴色になるまで炒めると甘みが出るし、
市販のルウに頼らなくてもトロみがでます。
いつもは30分位かけて炒めるのですが、
今回はすでに炒めてある冷凍食品を使ってみました。
へえ〜、便利です。

煮込んでいて浮いて来る油とアクはすくいましょう。
大体でかまいません。アクも味の深みのウチです。
koalayaはアク取りシートとかキッチンペーパーを浮かせて吸い取ります。

約1時間煮込みます。
途中で缶詰のひよこ豆を入れました。

100_4055.jpg

お肉に火が通ったらルウを割入れます。
味を見て微調整を。

koalayaは、味噌、ナンプラー、塩、ガラムマサラ、
カレー粉、ウスターソース、ケチャップ、おろしりんご、
バナナ、そして裏技のイチゴチョコを使いました。
味を出来るだけ複雑にするのがkoalayaのやり方です。
甘みはコクを増してくれます。

最後に竹の子を千切りにしてして入れました。
あのシャリシャリした食感が欲しくて今回初挑戦です。

100_4056.jpg

さらにスパイスで味を整えて、一煮立ちさせて完成。
お肉がやや硬いですが、余熱で火が通るし、まあ良しです。

100_4057.jpg

ご飯は玄米に雑穀を混ぜて炊きました。
お肉がデカイのがウリです。
味のしみ込みはやや浅い。一度冷めてから温めたらちょうどいいでしょう。

今回は80点。


スポンサーサイト
プロフィール

koalaya

  • Author:koalaya
  • そえたかずひろ の公式ブログです。
    お仕事:アニメのキャラクターデザイン、作画、コンテ演出、イラスト。漫画。
    サンライズの『ガンダムUC』と、トムスの『劇場コナン』に参加中。お仕事の依頼は随時。

    好きなもの:料理、読書、工作、バイク、漬け物、ラーメン。

    苦手なもの:ホヤ


    (C)2011 SOETA/MADFACTORY/STUDIO煌嵐

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
twitter
リンク
ご連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。