スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙製ピンホールカメラ

なかなか優れもののカメラ「クロサンゴ」。何がスゴイって紙製なんですよ!ペーパークラフト!自分で作っちゃう。で、35mmフィルムを入れて撮影出来ちゃう。株式会社シャランの製品です。ミノックスフィルムを使ったミニチュアカメラを出して話題になった会社です。
実際の組み立てですが、そう難しくもありません。かなりていねいに(しかも改造しつつ)組み立てましたが4時間程で出来あがりました。基本スペックは焦点距離20mm、ピンホール径0.16mm、F値=130、露光時間=晴れた日の屋外で2~3秒(ISO 100)。
最近広角にハマっているそえたは焦点距離20mmを15mmに改造。紙製なので改造も簡単です。そえたの持ってるカメラでは一番焦点距離が短いカメラとなりました。一眼の交換レンズで15mmを買ったら、一体いくらになるやら…。15mmの世界は超パースの世界で刺激的です。
近郊では東急ハンズで売ってます。近くで買えない方はSHARANで通販もしています。
株)シャランのページ
で、これが試し撮り一本目です。いっしょに、980円でスローな写真ライフにハマりましょ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

f=15mmもすごいですが
F値=130ってのも中々異次元のスペックですね。

はい、でもピンホールだとさらにいくらでもF値は大きくなっちゃいますよ。F=250とかざらだったりします。
このカメラのピンホールを使って焦点距離50mmのカメラを作るとF=320程になります。

昔の雑誌のおまけみたい(と言うのは失礼ですしょうか?)ですがちゃんととれるもんですね。 
小学生の頃”科学と学習”の付録のカメラでピンホールカメラが有りまして
(フィルムはモノクロで35mmよりかなり大判だった気がしますが)
おやじの机の下を暗室にして現像した覚えが有ります。 
もっとぼけぼけでしてが(^^;)

むしぞうさま、いやそのとおりなんですよ。小学館の学年誌の付録のすごく出来のいいやつって感じデス。
プロフィール

koalaya

  • Author:koalaya
  • そえたかずひろ の公式ブログです。
    お仕事:アニメのキャラクターデザイン、作画、コンテ演出、イラスト。漫画。
    サンライズの『ガンダムUC』と、トムスの『劇場コナン』に参加中。お仕事の依頼は随時。

    好きなもの:料理、読書、工作、バイク、漬け物、ラーメン。

    苦手なもの:ホヤ


    (C)2011 SOETA/MADFACTORY/STUDIO煌嵐

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
twitter
リンク
ご連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。